社労士を顧問にすることの意味ってなんだろう?そんな疑問にお答えしています。
  埼玉県所沢市 社会保険労務士 淺井事務所
浅井事務所
社会保険労務士 顧問契約事務所概要・料金
社会保険労務士 顧問契約提携先等リンク
社会保険労務士 顧問契約プライバシーポリシー
社会保険労務士 顧問契約お問い合わせ


トップ >顧問サポート >CSR(企業の社会的責任)と社労士


顧問サポート
社会保険労務士 顧問契約 料金顧客満足と従業員満足
社会保険労務士 顧問契約 料金コンプラと社労士
社会保険労務士 顧問契約 料金CSRと社労士
社会保険労務士 顧問契約 料金顧問契約の必要性


サービス内容
社会保険労務士を顧問にするメリット顧問サポート
就業規則・会社規定はコンプライアンスの第一歩 就業規則サポート
労働社会保険加入手続き 報酬など社会保険等事務サポート
コンプラ CSRなどを難しく考えずに取り組みましょう法令遵守サポート

ウェブセミナー
就業規則とは就業規則
小さな会社におけるコンプライアンスとはコンプライアンス
小さな会社におけるCSRとはCSR(社会的責任)
公益通報者保護法が始まります公益通報者保護法

就業規則研究センター
就業規則の作成義務就業規則の作成
就業規則を変更するために就業規則の変更
就業規則の意味とは就業規則の活用
サブロク協定とは36協定
さぶろく協定とは36協定届けの書き方
就業規則に関する裁判就業規則の判例
モデル就業規則モデル就業規則
就業規則 各章を簡単に解説就業規則の簡単解説
パート用就業規則パートタイム就業規則
社内規定就業規則の各種別規定
就業規則に関する違反就業規則の違反
就業規則チェック就業規則チェック7項目

会社の手続きマニュアル
労働保険加入義務労働保険へ加入する
社会保険加入義務社会保険へ加入する
パート 社会保険加入義務パートの社会保険加入
年金相談 方法年金相談の行い方
労働基準監督署 是正勧告監督署の是正勧告
高齢者 雇用管理の方法高齢者の雇用管理
改正 高年齢者雇用安定法高年齢者雇用安定法
サービス残業対策サービス残業問題
出産・育児などに関すること出産・育児・介護について

CSR(企業の社会的責任)とは何か?

最近、「企業の社会的責任」に対する関心が非常に高まっています。CSRと表記されるこの意味は、簡単に表わすと次のようなことです。
 
企業には株主や取引先のみならず、そこに働く従業員、消費者、地域社会など多様なステークホルダー(利害関係者)が存在します。このステークホルダー達に対して責任を果たすことが、社会から声高に求められているのです。
 
大企業のホームページなどには必ずCSRのページがあり
「わが社は社会的責任を果たしている!」と誇らしげに謳っています。
実際に見ていただけるとわかると思いますが、「ISOをいくつも取得しています」とか 「地球環境にやさしいプラントを建設しました」など、ずいぶんと大げさなことを書いています。
 
新聞紙上などでも話題にのぼるのはやはり大企業ですから
「CSRなんて大それた物はうちの会社には関係ない。」と思われるのも当然かもしれません。
 
ですが、中小零細企業にだってもちろん社会的責任は同じようにありますし、実際はその責任を果たしている会社がほとんどなのです。ですから、CSRから「うちには関係ない。」と目をそむけるのは得策ではありません。
 
以下、小さな会社に的を絞ったCSR活動の方法をご紹介します。 大企業のものと比べると、「こんなことでいいの?」と思われるようなささいな活動ですが、「こんなことでいいんです!



CSR(企業の社会的責任)活動を実際に行う


まずCSRを考えるうえで、次の4つのファクターを取り上げます。
 
(1)雇用における社会貢献
(2)消費者対応
(3)環境に対する配慮
(4)市民社会に対する貢献

この4ファクターについて、「うちの会社は貢献しているか?」を考えていけばよいのです。とても簡単な話ですね。ですが、最近は考えるだけでは社会は認めてくれないので、それを文書などにし社会に発信してアピールすることが重要になってきたのです。
 
ホームページを持っている会社であれば、まずはCSR活動のページを作りましょう。1ページで充分です。
 
(例)小さな町でスーパーを営んでいる会社
 
 (1)雇用について:
   地域の人材を雇用していて解雇事例がありません。
 (2)消費者対応
   地域の台所として、安全な食材のみを取り揃えています。
 (3)環境に対する配慮
   ゴミ分別回収BOXを設置し、清掃局に協力しています。
 (4)市民社会に対する貢献
   毎年、中学校の職業体験の受け入れをしています。

以上のような骨格を作ったら、それに肉付けをしていけばいいのです。大企業と比べると、あまりにも幼稚に見えるかもしれません。
 
ですが、「Co2排出量25%削減のプラント建設!」などというCSR活動は、実際の消費者である私たちから見たらその効果が想像できないのも事実でしょう。世界中をマーケットにする大企業とそれほど広くない地域で活動する小さな会社では、おのずと社会に果たす役割も違ってくるはずですし、実際に手の届く身近な活動の方が、共感・好感をもたれやすいのです。
 
ホームページがない場合は、上記のような内容のチラシを作成して、最低一年に一回、商圏地域に配布すれば良いのです。

これは立派なCSR活動です。これならば小さな会社でもコストもあまりかからずに出来るのではないでしょうか。



CSR(企業の社会的責任)活動と社会保険労務士浅井事務所の関与


CSR活動を考えるうえで、「雇用」の問題については社労士が良いアドバイスを出来るでしょう。

採用から退職まで、人事労務処理は社労士の独壇場だからです。そして、私どもは顧問社労士としてそこから一歩進んだサービスを提供しています。それは、常にCSR活動を念頭においた会社組織の構築のご提案です。



浅井事務所のCSR活動バックアップサービスの考え方


まずは、
CSR活動を行なう上でのコスト負担増を考えます。そのコストが企業にとって何か利益をもたらしてくれるのか?それを考えることで、CSR活動をするかどうかを決定します。
 
CSR活動が、単にコストが増すだけであって、製品・サービス等の評価や売上に関係がないとしたら、企業はそのコストを負担しない(CSR活動をしない)ほうが賢明かもしれません。
 
なぜなら、CSR活動にコストをかけないことによって、同じ製品・サービスを安く提供して、より利益を上げられる可能性もあり、それで消費者や株主への還元を行うことが出来るかもしれないからです。
 
しかし実際には、環境に対する法律の規制があるように、社会において企業の行動には多少のルールがあります。そして、このルールを超えてより良い行動を企業が取ることを、現代の社会は評価する傾向がありますから、その為には規制以上のことを行う(コストを無視する)ことも考えねばなりません。
 
このように、企業に求められる責任は、法的責任と経済的責任、制度的責任と社会貢献といったかたちで、より高い次元でかつ自主的に(規制がなくても)果たす責任が重視されるようになってきています。
 
上記のような社会からの評価があるために企業としては、技術革新や各種の仕組みを工夫し、社会からより評価される製品・サービスを供給し、より評価される行動をとるよう努力するのです。出来る限りコスト上昇を抑えつつ、社会の求める責任を果たせる企業活動を考えなくてはならないわけです。
 
社会からの要求に応える力を持つことで、企業の信頼度が高まり、他社と差別化をすることができるでしょう。そして、差別化は将来にわたって安定的な成長・発展を可能にする基盤を創り上げることになり、ひいては企業の経済的な業績にもつながってくると考えられます。
 
CSR活動は企業の成長にとって重要な活動であるため、
長い時間をかけて継続的に考えていく必要があります。私どもはそのバックアップサービスを継続的に行なうために顧問社労士という形態を取っています。
 
顧問が原則ですが、スポットのCSR活動の取り組みのご相談も受付ておりますので、メールかお電話でご相談ください。メールやお電話のご相談は無料です

Copyright(c)2004 社会保険労務士淺井事務所.All Rights Reserved.
ページの最上段へ戻る
  

就業規則の作成・コンプライアンス・CSR(企業の社会的責任)・アントレプレナー支援の情報発信サイト
就業規則の作成業務を中心に小さな会社の各種ご相談に応じます。アントレプレナーの方も是非ご連絡下さい。

社会保険労務士淺井事務所
〒359-1145 埼玉県所沢市山口856-19  Tel: 04-2923-6850  Fax: 050-3721-9151

事務所概要・料金  提携先等リンク プライバシーポリシー  サイトマップ      お問い合わせ