就業規則の作成・変更・活用などを軸に法令遵守体制構築、人事管理、労働社会保険諸手続きなどのサポート
  埼玉県所沢市 社会保険労務士 淺井事務所
浅井事務所
就業規則の社会保険労務士浅井事務所事務所概要・料金
就業規則の社会保険労務士浅井事務所提携先等リンク
就業規則の社会保険労務士浅井事務所プライバシーポリシー
就業規則の社会保険労務士浅井事務所お問い合わせ


トップ >法令遵守サポートサービス


法令遵守サポート
就業規則の社会保険労務士浅井事務所サービスの種類・料金
就業規則の社会保険労務士浅井事務所サービスの流れ


サービス内容
社会保険労務士を顧問にするメリット顧問サポート
就業規則・会社規定はコンプライアンスの第一歩 就業規則サポート
労働社会保険加入手続き 報酬など社会保険等事務サポート
コンプラ CSRなどを難しく考えずに取り組みましょう法令遵守サポート

ウェブセミナー
就業規則とは就業規則
小さな会社におけるコンプライアンスとはコンプライアンス
小さな会社におけるCSRとはCSR(社会的責任)
公益通報者保護法が始まります公益通報者保護法

就業規則研究センター
就業規則の作成義務就業規則の作成
就業規則を変更するために就業規則の変更
就業規則の意味とは就業規則の活用
サブロク協定とは36協定
さぶろく協定とは36協定届けの書き方
就業規則に関する裁判就業規則の判例
モデル就業規則モデル就業規則
就業規則 各章を簡単に解説就業規則の簡単解説
パート用就業規則パートタイム就業規則
社内規定就業規則の各種別規定
就業規則に関する違反就業規則の違反
就業規則チェック就業規則チェック7項目

会社の手続きマニュアル
労働保険加入義務労働保険へ加入する
社会保険加入義務社会保険へ加入する
パート 社会保険加入義務パートの社会保険加入
年金相談 方法年金相談の行い方
労働基準監督署 是正勧告監督署の是正勧告
高齢者 雇用管理の方法高齢者の雇用管理
改正 高年齢者雇用安定法高年齢者雇用安定法
サービス残業対策サービス残業問題
出産・育児などに関すること出産・育児・介護について

法令遵守サポートサービス


就業規則がきちんと整備されている事業所でも、実際にそれが機能していなければ意味がありません。各規定と会社の現状を検証して、労使紛争や外部からのクレームを予防する体制を構築するサービスです。
 
 「コンプライアンス」とは「法令遵守」だと一般的に言われています。会社を運営するにおいて「法令を守ること」は当然のことです。ですが、その当然であるはずの事がおろそかになっている会社が多く見られます。
 「小さな会社」であればあるほど、その傾向が見られますし、「小さな会社」に違法問題が発覚すると、それが致命傷になる可能性が大きいです。


法令遵守サポートサービスの種類


コンプライアンスバックアップサービス 525,000円より
→コンプライアンス(法令遵守)体制をしっかりと構築すれば、様々な不祥事(外部・内部でのリスクの顕在化)から会社を守ることが出来ます。就業規則の整備が行われている事業所が対象になります。
CSR活動バックアップサービス 525,000円より
→休職に社会の意識が変化してきました。「企業は単に利益を上げればよい」という理論はほとんど通用しなくなりました。CSRとは「企業の社会に対する責任」です。この非常にあいまいなCSR活動を、出来るだけ簡単な方法で具体的に実行するサービスです。
   →法令遵守サービスは、要顧問契約のサービスです。


法令遵守バックアップサービスの流れ

 →コンプライアンスバックアップサービスのモデルケースです(以下、コンプラB・Sと略)
 →淺井事務所(以下当事務所と略)


(1)バックアップサービスについての相談日の決定
メール、電話にて、コンプラB・Sについての対面相談日を決定します。
 ↓
(2)コンプラB・S事前診断シートの送付
当事務所より、
コンプラB・S事前診断シートを郵送又はFax、メールにて送付いたしますので、記入していただきます。
 ↓
(3)コンプラB・S事前診断シートの返送
お客様から郵送又はFax、メールにて
コンプラB・S事前診断シートを当事務所に返送していただきます。
 ↓
(4)第一回対面相談
コンプラB・S事前診断シートを元にコンプラB・Sガイドラインをご提示、ご説明させていただきます。そしてヒアリングをしながら会社に見合ったコンプライアンス体制構築案、諸規定の整備などのプランをご提示します。
本契約の場合、
ガイドラインプラン案シートをお渡しいたします。
 

(注意)この時点で、先に進む場合は本契約となりますのでご入金(前金の場合あり)を確認次第、作業に入ります。
(注意2)第一回対面相談は有料になります(10,500円)。本契約の場合この料金は本契約料金の前金に振り替えさせていただきます。
 ↓
(5)プラン案シートへの書き込み
お客様にて、ガイドラインを参考にしていただきながら、
プラン案シーのチェック項目にO・Xをつけたりメモを取っていただきます。
参考:
「うちの会社の女性社員は結婚退社が慣例化している。」→ O
メモ:数年経ってからの復職希望が増えてきている。
など、思いついたことを遠慮なくメモしてください。

 ↓
(6)プラン案シートの返送
2週間ほどを目安にしてプラン案シートを当事務所に返送していただきます。
 ↓
(7)ガイドラインのスケジュール化(淺井事務所で行なう作業です)
当事務所にて
ガイドラインプラン案シートを元に、コンプライアンス体制を構築する為のスケジュールを作成いたします。
 ↓
(8)第三回対面相談

スケジュールをご提示、ご説明します。
 ↓
(9)2週間に一度の対面相談を基本に各種対策・対応
会社によって異なります。(以下は一例)
 (*)従業員への説明会の開催
 (*)諸規則の整備
 (*)社内コンプラ対策委員会の設立

 ↓
(10)第6回対面相談
最低およそ3ヶ月の期間をかけて(隔週一回の対面相談)
コンプライアンス体制を構築いたします。
 ↓
(11)残金お支払い
お客様にて残金の支払いをお願いいたします。
(確認でき次第、領収書を発行いたします。)
 ↓
業務完了
 ↓
(12)継続バックアップサービス
顧問契約のお客様は、毎月のご訪問時に
コンプラB・Sチェックシートによる診断を行ないます。その際、作成した諸規定に変更が必要な場合などの無料診断を行ないます。


上記の流れは、コンプライアンスバックアップサービスのモデルケースです。
会社の業種・状況によって対面相談の回数が増える場合もございます。モデルケースはおよそ3ヶ月〜6ヶ月が目安になっております。本契約の際に、対面相談の回数を決定し料金を確定いたしますが、サービス途中で相談回数を増やす場合(新しく規定を作成する必要が生じた場合など)追加料金が必要になる場合がございます。その場合は、必ず事前にご相談の上新しい追加契約を結んでいただきます。

当事務所で勝手に値段を追加することはありません



ご注意


現在、CSRの国際的な標準規格はありません(ISO規格が作られているところです)が、その考え方は変わりません。大手企業はISOに照準を合わせるのも必要ですが、小さな会社には、地域社会に合わせたCSR活動が必要だと考えます。弊事務所のサービスは、ISO規格を狙ったものではなく、欧州、米国、日本それぞれのCSR活動の実際を検証し、それを日本の地域の事業所に当てはめるものです。
Copyright(c)2004 社会保険労務士淺井事務所.All Rights Reserved.
ページの最上段へ戻る
  

就業規則の作成・コンプライアンス・CSR(企業の社会的責任)・アントレプレナー支援の情報発信サイト
就業規則の作成業務を中心に小さな会社の各種ご相談に応じます。アントレプレナーの方も是非ご連絡下さい。

社会保険労務士淺井事務所
〒359-1145 埼玉県所沢市山口856-19  Tel: 04-2923-6850  Fax: 050-3721-9151

事務所概要・料金  提携先等リンク プライバシーポリシー  サイトマップ      お問い合わせ