就業規則研究所 就業規則の変更

 事務所概要 | サービス一覧 | お役立ち情報 | プライバシーポリシー | リンク |

埼玉県所沢市 社会保険労務士浅井事務所

トップ >お役立ち情報 >就業規則の変更
就業規則研究所
就業規則の作成 ・就業規則の変更 ・就業規則の活用 ・就業規則の判例 ・モデル就業規則
就業規則の簡単解説 ・就業規則の各種規定 ・就業規則の違反 ・就業規則チェック7項目
パートタイム就業規則 ・36協定 ・36協定届けの記入

就業規則研究所 〜就業規則の変更〜
(Q)就業規則を変更する際の注意点はありますか?
(Q)合理性の基準とはなんですか?
(Q)不利益変更に納得しない従業員がいるのですが?

就業規則を変更する際の注意点はありますか
 
(Q) 就業規則を変更する際の注意点はありますか?
就業規則を変更する際の注意点はありますか
 
 (A) 就業規則を変更する際に最も大きな問題になるのが、不利益変更の問題です。
労働者にとって、その労働条件などが不利になってしまうような就業規則の変更は、なかなか認められないのです。
 
 例えば「定期昇給を廃止する」などの変更は明らかに労働者にとって不利益変更です。しかし会社にとっては必要な施策かもしれません。そこで、 合理性があるならば不利益変更であっても認めるということになっています。
 
 合理性があるかどうかは、就業規則の変更の必要性や内容とそれによって従業員が被る不利益の程度を比較して判断されます。そして、合理性は、賃金・賞与・退職金等従業員にとって重要な労働条件に関して実質的な不利益を及ぼす場合には、より高度の必要性に基づいた合理性でなければならないと考えられています。
 
 ですから、就業規則を変更する際には、その変更がなぜ必要なのか?という部分をしっかりと説明できる事が重要です。従業員を集めての説明会を開催するなどのプロセスをしっかりと踏みましょう。


合理性の基準とはなんですか
 
(Q) 合理性の基準とはなんですか?
合理性の基準とはなんですか
 
 (A) おおまかに分けると、以下の7点がポイントになります。
 
 (1)就業規則の不利益変更によって従業員の被る不利益の程度
 (2)会社側の変更の必要性の内容・程度
 (3)変更後の就業規則の内容自体の相当性
 (4)代償措置その他の関連する他の労働条件の改善状況
 (5)多数労働組合又は多数従業員との交渉のプロセス
 (6)他の労働組合又は他の従業員の対応
 (7)不利益変更内容に関する同業他社の状況
 
 この内容を総合的に判断して、就業規則の変更が有効なのかが判断されます


不利益変更に納得しない従業員がいるのですが?
 
(Q) 不利益変更に納得しない従業員がいるのですが?
不利益変更に納得しない従業員がいるのですが?
 
 (A) 上記の7つのポイントを判断して合理的だとみなされる場合には、変更に納得していない(反対している)従業員であってもその就業規則に拘束されることになります。ですから、就業規則の決まりを守らない場合には合法的な処罰の対象とすることも可能です。
 
 最高裁判所ではこのようなケースについて次のような見解を示しています。
 【 就業規則の変更が不利益なものであるにしても、右変更が合理的なものであれば、これに合意しないことを理由として、その適用を拒む事は認められない 】
 
 淺井事務所では極力従業員の同意をもらえるような就業規則の変更を心がけています。会社と従業員との誠実なやり取りがあれば、それは可能です。どちらも一方的に自分の主張だけを押し付ける前近代的な労使紛争は避けるべきでしょう。



ページ最上段へ




Google
 
Copyright(c)2004 社会保険労務士淺井事務所.All Rights Reserved.

【埼玉県所沢市】 社労士淺井事務所 トップページへ
就業規則の作成・コンプライアンス・CSR(企業の社会的責任)・アントレプレナー支援の情報発信サイト
就業規則の作成業務を中心に小さな会社の各種ご相談に応じます。アントレプレナーの方も是非ご連絡下さい。

社会保険労務士淺井事務所

〒359-1145 埼玉県所沢市山口856-19  Tel: 04-2923-6850  Fax: 050-3721-9151

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-7-3-605 Tel: 03-5368-2567 Fax: 050-3721-9151
淺井事務所は東京都新宿区へ移転しました。今後ともよろしくお願いします。
(所沢の電話番号も利用出来ます)